文字サイズ:

体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈です。この動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます。ちょうど古い水道管が汚れて詰まったり、さびてはがれるのと同じ状態です。

動脈硬化は、粥状(じゅくじょう)硬化細動脈(さいどうみゃく)硬化中膜(ちゅうまく)硬化の3種類に分類されます。

動脈は内膜、中膜、外膜の三層からなっていますが、粥状(じゅくじょう)硬化は太い、または中等度の太さの動脈の内膜に、細動脈(さいどうみゃく)硬化は中膜に主に変化が起きます。

一方、中膜(ちゅうまく)硬化は末梢の細い動脈が硬化するものです。臨床的に問題になるのは粥状硬化と細動脈硬化です。

原因は何か

 臨床的に最も重要である粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化で、動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなる粥腫(じゅくしゅ)(アテローム)ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなります。粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈は完全にふさがります。

動脈硬化


内腔の狭窄度と実際の動脈硬化巣の写真
動脈硬化

img06.jpg



粥腫のもとになる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、動物性脂肪に多く含まれています。

一方、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、動脈硬化を抑える作用があります。中性脂肪も動脈硬化を促すといわれています。

中性脂肪値は、糖分やアルコールの摂取などで上昇します。

細動脈硬化は、脳や腎臓のなかの細い動脈が硬化して血液が滞る動脈硬化です。高血圧が長く続いて引き起こされます。

動脈硬化を起こしたり、進めたりする原因を“危険因子”と呼びます。高脂血症、高血圧、糖尿病、喫煙、高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)、肥満、運動不足、ストレス、遺伝素因などがあげられます。

また、これらの危険因子は相互に関係しており、因子が増えれば雪ダルマ式に動脈硬化の危険性が高まります。治療にも予防にも、これらの危険因子を減らすことが大変重要です。

高脂血症~最新の見解~

従来は、「総コレステロール値が高いと治療薬を飲みましょう。」ということでしたが、現在では違います。コレステロールには善玉コレステロール(HDL-C)と悪玉コレステロール(LDL-C)があります。
HDL-Cはいわば血管内の掃除機で、LDL-Cは血管内にたまるゴミと考えてください。

つまり血液中にゴミが多いと動脈硬化は進行し、掃除機が多いと動脈硬化は退縮するということです。

  1次予防 LDL-C/HDL-C≦2
  2次予防 LDL-C/HDL-C≦1.5

一般にHDL-Cの2倍以上LDL-Cがあると動脈硬化は進行すると言われています。
HDL-Cの1.5倍以下にLDL-Cをコントロールできれば動脈硬化は退縮し、心筋梗塞や脳梗塞を予防できます。

現在ではHDL-Cを上昇させLDL-Cを低下させる良い薬があります。掃除機とゴミの割合が悪い方は投薬、食事療法、運動療法でLDL-C/HDL-C≦1.5になるようにコントロールし、心筋梗塞や脳梗塞を予防しましょう。

画像の説明

動脈硬化が進むと‥

血管の内側が狭くなると必要な酸素、栄養がいきわたらず、臓器や組織が正しく機能しなくなります。

さらに血管が詰まると臓器や組織に血液が流れず、壊死してしまうこともあります。また硬くなることで、血管はもろくなり破れやすくもなります。

動脈硬化が進むと

画像の説明

以上をまとめると‥

粥状動脈硬化は、脳・心筋梗塞など、細動脈硬化は脳出血、眼底出血、腎硬化症など臓器の障害の原因となるが、これらの重篤な合併症をきたすまでは、なんら症状を伴わない。これが、沈黙の病(Silent Disease)と呼ばれるゆえんです。
沈黙の病

画像の説明