有馬温泉に行ってきました(H21.5.17)

文字サイズ:

05_17_1.gif

5月16日土曜日、診察を終えてから山陽自動車道に乗り、2時には有馬温泉に着きました。高速道路のおかげであっという間に着きました。

すぐにお昼をいただき、その後、温泉に入りました。
日本の温泉といえば、草津温泉(群馬県)、道後温泉(愛媛県)、別府温泉(大分県)、白浜(和歌山県)、箱根(神奈川県)、熱海(静岡県) などが有名ですが、この有馬温泉は、道後、白浜と並び、日本三古泉に数えられております。

皆さんもご存知のように、温泉の色は茶褐色(最初は透明ですが、空気に触れると茶褐色に濁る)です。これを「金泉」というそうですが、湯に浸かっただけでいかにも効きそうです(写真左;温泉のパンフレットより)。

肌に感じる滑らかさはあまりなかったんですが、湯を口に含むと、ものすごい味がしました。鉄分がたっぷり含まれていることがすぐにわかりました。含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉というそうです。

炭酸水とラジウム泉をブレンドした銀泉(無色透明な湯)も同時に楽しめ、肌もすべすべし、体も軽くなり、やっぱり温泉はいいですね。太閤・秀吉が愛したというのも納得です。ちなみに千利休も秀吉と一緒に有馬を訪ねたことがあるそうで、この時は有馬で盛大な茶会が開かれたんだそうです。

漢方飲んで、毎日温泉に浸かれば、本当に健康になれるんでしょうね。

”NHK時計”いかがですか(H21.5.25)


文字サイズ:

tokei_s1.jpg

今まで当ホームページに時計を入れたくて、いろいろ素材をさがしていましたが、ついに見つけました!。”NHK時計”です。早速、ホームページに貼り付けてみました。

レトロな青い時計が、チクタクしています。なんだか心臓の動きのようで非常に気に入りました。フロントページのど真ん中に配置し、ちょうど心臓のようにしてみました。

この時計は、昭和43年ごろから平成3年ごろまで使われており、午前7時、正午、午後7時などの正時少し前に、テレビ画面に登場していたものだそうです。それで懐かしいんですね。

ある方も、ブログで、「懐かしい。NHKからもらってきました。この絵柄を見ると、夜遅い時間のしんしんとした空気感を感じます。」と、書いておられました。全く同感です。

なお、実物のこの時計は、名刺よりもふたまわり大きいサイズで、針もちゃんと動く「本物の時計」だそうです。現在も、NHK放送博物館で「テレビ画面時計」という名称で展示されているそうです(写真がそれです)。そんなに小さな時計だったとは知りませんでした。

ブログやホームページをお持ちの方はぜひ貼り付けて見られてはいかがですか。簡単にゲットできますよ。
[check]サイトはこちらをクリック画像の説明 NHKオンライン