がんの予防対策には、がんの発生を防ぐ「第一次予防」と、早期発見・早期治療の「第二次予防」があります。
第一次予防は、日ごろの生活習慣から、がんの原因となるものを遠ざけるようにすることです。
国立がんセンタ-から、「がん予防12カ条」が提唱されており、がん予防のための指針となっています。
このような生活習慣の注意で、がんの発生はかなり防げると専門家は考えています。

国立がんセンターの予防12カ条は下記の通りです。


画像の説明

国立がんセンターがん予防対策情報センターホームページより
.