頭痛の漢方

頭痛については、こちらをクリック画像の説明女性のための漢方ノート

反復性・慢性の頭痛は、外から侵入した病因物質(「風・寒・熱・湿(痰)といった邪」)によって頭部の活動が妨げられたり、五臓の機能がおとろえ、全身の活動に必要な基本物質(「精・気・血・水」)が不足することによって、頭が十分に滋養(じよう)されなくなるために起こります。
いろいろなタイプの頭痛があり、それぞれ使う方剤が異なります。

  • 気虚(ききょ)頭痛
    疲れたときに頭痛が強くなります。過労によって、胃腸が弱くなり、食物や体の気血(きけつ)の栄養が頭部に行き届かなくなり、頭痛がおこります。息切れや倦怠感、食欲不振、下痢、軟便、便秘なども伴います。
    補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などで 胃腸を強くして、体力をつけて治します。
  • 血虚(けっきょ)頭痛
    めまいがして、頭がふらつくことの多い頭痛です。
    顔色が悪い(顔面蒼白)、動悸、不眠などの症状があり、女性では月経前後におこることもあります。生理の後半には、生理により血液が不足するために、血虚の頭痛が おこりやすいです。
    生理前半の頭痛、月経前症候群(PMS)の頭痛は、血虚頭痛にプラスして、気滞頭痛が加わっていることが多いです。
    四物湯(しもつとう)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)などで、身体の増血機能を強くすることで解消していきます。
  • 腎虚(じんきょ)頭痛
    痛みは強くないが、慢性化する頭痛です。
    めまい、耳鳴り、手足が冷える、足腰がだるい、力が入らない、物忘れなどの症状を伴います。一般には、年配の方の老化現象に多くみられます。
    六味丸(ろくみがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などを証にあわせて用います。
  • 気滞(きたい)頭痛
    ストレスが原因となります。週末のほっとしたときに、頭痛が起こることもあります。気滞頭痛は 緊張型頭痛や、女性の人では、月経前症候群(PMS)を伴う頭痛などが知られています。イライラしたり、ため息をつくことが多いです。
    「ストレスを緩和する漢方薬」や加味逍遥散(かみしょうようさん)などを服用して、ストレスを解消していきます。
    排卵時の不調や生理前の不調(PMS)にも、これらの方剤は有効です。
  • 肝火(かんか)頭痛
    片頭痛や、高血圧の人に多い頭痛です。熱感、赤ら顔、目の充血、口が苦い、口渇、難聴、便秘などの症状を伴います。
    気滞で、ストレスが長期間溜まってしまい、うまくストレスを解消できないと、気がこもってしまい、「熱」に変わってしまうのです。肝火頭痛は、したがって気滞頭痛の要因も含みますので、イライラしやすかったり、貧乏ゆすりをしたり、怒りっぽい人に多いです。わりと男性の短気な人に見られやすいです。
    釣藤散などを用いて、体の興奮状態を抑えます。
  • 痰濁(たんだく)頭痛
    水分のめぐりが悪く、頭が重く痛むものをいいます。頭痛は、しつこく長引くことがあります。めまい、胸がムカムカして悪心、嘔吐なども見られ、舌の苔は厚くなります。
    胃腸が弱い人や、水分の取りすぎによることが多く、雨の日や低気圧前線にも左右されやすいです。
    半夏白朮天麻湯、五苓散、呉茱萸湯などを用いて、水分の代謝を改善して治します。
  • 瘀血(おけつ)頭痛
    血液がドロドロしていて、血行不良となり、瘀血の症状が特徴です。肩こりを伴う緊張型頭痛に多く見られやすいです。痛みは固定痛で刺されたように激しいときもあります。
    桂枝茯苓丸などで、血液をサラサラにして 血流を改善します。

画像の説明
写真出典;nurse-riko.net/

頭痛の漢方治療については、
当院の漢方著効例
の症例21、22
当院の漢方著効例2
の症例60、92
当院の漢方著効例3
の症例101、115、119、139、150
当院の漢方著効例4
の症例156、169、186(小児例、腹痛合併例)、195、196
当院の漢方著効例5
の症例213、229、230、239、246
当院の漢方著効例6
の症例274、291、293
当院の漢方著効例7
の症例304(小児例)、317、330
当院の漢方著効例8
の症例364、381、388、390、400
当院の漢方著効例9
の症例450
当院の漢方著効例10
の症例459、478
当院の漢方著効例11
の症例505、513
当院の漢方著効例12
の症例576
当院の漢方著効例13
の症例611、619(小児例)、624(小児例)、628、641
当院の漢方著効例14
の症例680(小児例)

を参照して下さい。