漢方犬の話

今年(平成21年)の1月10日に亡くなりましたが、家にはグレイスというゴールデンレトリバーがいました(写真左)。15年間生きました。犬好きの方はおわかりでしょうが、大型犬が15年も生きるということは、本当に珍しいことなんです。

実はこの犬には、小さい時から漢方薬を飲ませておりました。下痢した時・吐いた時・夏ばての時、その他なんでも漢方薬を飲ませて治療いたしました。そのため本当に元気でした。

しかし、12歳の時、左の前足に良性の腫瘍ができ手術したのですが、実は獣医さんはグレイスを7歳ぐらいだと思っておられたそうで、後で、「12歳とわかっていたら、手術しなかったのに‥」と言われました。それほど元気な犬でした。この犬を見ていて、「改めて漢方薬はすばらしい」と思いました。本当においしそうに飲んでおりました。漢方薬をお湯に溶いて、それを牛乳にまぜて飲ませました。動物は本能で体によいものがわかるのでしょう。みなさんも体にいい漢方薬をぜひ飲んでみてください。

はじめまして!平成20年11月4日生まれで、我が家に2月8日にやってきた、ミニチュア・シュナウザーの「タロウ」です。

美容室で写真を撮っていただきました。やんちゃで、元気いっぱいの「タロウ」ですが、先日漢方犬として”見事に”デビューしてしまいました。

というのは、上の娘が飲むために、お湯に溶いて、机の上に置いていた抑肝散陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)を勝手に飲んでしまったのです。飲んだあとよっぽど気に入ったのか、おかわりをせがんだのにはびっくりしました。さすが「はぎの内科」のわんちゃんです。

これで、今後漢方薬をどんどん飲ませることができるので安心しました。また、病気をして漢方が著効しましたら報告させていただきます。まずは、漢方犬デビューのお知らせまで‥。

平成21年7月12日、いつものように朝「タロウ」を散歩に連れて行くと、何か元気がなく、おかいしなと思っていると、最初下痢便をしました。次にまた下痢をし、3回目には血便になりました。その後おなかがしぶるのか、4回、5回と少量の血液の混じった便がでました。

今まで本当にいい便をしていたので、これは大変だと、家に帰ってから黄芩湯(おうごんとう)を1包お湯にとき飲ませました。半分ぐらいぺろぺろとなめて飲みましたが、黄芩湯は苦いのか飲まなくなったので、あとは口を押さえてスプーンで流し込みました。

その後下痢は止まり、夜の散歩の時にはやや軟らかい便が1回出たのみで、次の日の朝にはすっかり元へ戻っていました。本当に黄芩湯がよく効きました。

漢方犬として「タロウ」が、”本当に”デビューした瞬間です。黄芩湯は、食中毒やノロウイルスなどで腹痛を伴う下痢をした時(=しぶり腹)に使う方剤です。このように1~2包でよく効きます。本来なら、日曜日に開いている獣医さんを探し回らないといけないところでした。漢方薬は本当にありがたいです。

いたって健康なので、最近は漢方薬を飲む機会がありません。左の写真は、タロウの一番新しい写真です(平成21年9月25日撮影)。きれいにカットしてもらい、ペット美容室サトウから帰ったところです。

左の写真は、タロウの一番新しい写真です(平成22年11月19日撮影)。
ペット美容室サトウで、短くカットしてもらったところです。

今日はママに抱っこです!太郎ちゃんはいつも元気いっぱい !

左の写真は、タロウの一番新しい写真です(平成23年4月7日撮影)。
暖かくなってきたのでペット美容室サトウで、短くカットしてもらい帰ってきたところです。