気血水について

ここでは、簡単にふれておきます。

東洋医学では、体全体が「気・血・水」によって構成されると考えられています。「気」「血」「水」の三つの成分は、互いに助け合い、コントロールし合い、関係し合いながら全身を巡っています。これらのバランスが崩れ、内外の病邪によりそれぞれの状態が変化し、その人特有の病態証:しょうを呈します。
漢方ではこの不均衡を補正することで、望ましい状態が得られると考えます。

 

「気」とは、すべての臓器や器官の働きをつかさどる生命エネルギーです。「気」が0になってしまうと、人間は死んでしまうとされています。元気のもとで、次のような働きをしています。
  • 新陳代謝を促す。
  • 体温を正常に保ったりする。
  • 病気から体を守る防御作用。
  • 食べ物をエネルギーに変える。
  • 「血」や「水」の生成や運行、排泄もつかさどる。このため、「気」が失調すると「血」「水」にも支障が起こります。
    人体の構成成分を陰陽に分けると、気は陽(よう)に当たります。
「血」は血液とその働きであり、全身に栄養を与え、潤す作用を意味しています。また、血が不足するとイライラしたり、ぼんやりしたりしてしまい、精神面にも大きな影響を与えます。「気」の影響を受けやすいです。陰陽(いんよう)に分けると、「血」は「水」と共に陰(いん)の部分を担っています。
 
  
画像の説明

「水」は体内にある組織液や消化液など血液以外のすべての体液を意味し、体の潤いのもとです。内臓や筋肉や粘膜を潤し、関節の動きなどを円滑にする役目があります。人のカラダを車にたとえると、
 

画像の説明

 

気の働きはタイヤ、血と水はガソリンやオイルだと思えばイメージしやすいでしょう。ガソリンやオイルは燃料であり、それぞれの質が問われるもの。また、タイヤがなければ車は動かない。
どれひとつ欠けても、車は走ることはできないのです。