「サプリメントは天然食品。薬品じゃないから薬害についての心配はありません。」などいう宣伝文句で、巷には多くの健康食品があふれています。

化学物質でつくった医薬品は危険だけど、サプリメントは効き目がやさしく、副作用なんてないと思っていませんか?何にでも効く「健康食品」や、誰でもすぐ効果 がでる「サプリメント」なんてありません。中には誤った摂取方法によってかえって健康を害することさえあるのです。

ビタミンCやビタミンE、カロチンやカテキンなど抗酸化作用をもつ物質も人気があります。抗酸化作用とは活性酸素の酸化ストレスを防ぐ作用のことで、抗酸化物質が多い人は生活習慣病が少ない、という報告がその根拠になっています。

しかし、抗酸化物質が多い状態とは、「野菜や果物を多く食べる、バランスのよい食事を摂取している」と、言うことが前提で、例えばビタミンC一つの成分による健康効果ではありません。抗酸化ビタミンを与えた臨床試験でカロチン、ビタミンE単独では心血管死亡を予防する効果は認められませんでした。カロチンにいたっては、逆に総死亡率の増加がみられ、臨床試験そのものが中止されています。

アガリクスは他の茸と比べてβ-D-グルカンと呼ばれる多糖類が豊富で悪性腫瘍に対して効果があると言われています。しかし、アガリクスの抗腫瘍効果を検討したものは基礎研究ばかりで、ヒトでの有効性と安全性については信頼できるデータが見当たりません。

同様にプロポリスも抗腫瘍作用、抗菌作用などがあくまで基礎研究で認められているだけです。

アガリクスもプロポリスも基礎研究の根拠だけで、あたかも病気の予防や治療に効果があるかのように広告され、市販されています。その結果、プロポリスによって接触性皮膚炎や重篤な肝障害を起こした例が多く報告されています。

鉄の含有量が極めて多いウコンが、肝臓に良いとされる広告が多いのにも驚かされます。慢性肝炎の肝臓内に鉄が過剰に貯蔵されると、肝障害が進展することが知られています。C型慢性肝炎ではわざわざ定期的に一定量採血を行い、体内の鉄分を少なくする瀉血療法や、食事で鉄を制限して肝炎進行を阻止しようとする治療も試みられています。

何も知らずにC型慢性肝炎の方が「肝臓に良い」と思ってウコンを摂取しているとしたら、まさに悲劇の人体実験をおこなっている状態だと言えます。

サプリメントの中にも適量を、バランスの良い食生活にプラスアルファとして摂取すれば、健康維持に役立つものもあるでしょう。しかし、成分を濃縮した錠剤やカプセルが普及していますから、もともとの病気の状態や服用している薬との飲み合わせも不明なままに、自然の状態ではとても食べない量をとってしまう危険性もあります。

また、牛肉やうなぎの産地偽装ではありませんが、健康食品の世界では、「表示」と「内容」が違うことなど日常茶飯事です。

以前はやった、コエンザイムQ10では有効成分が全く含まれていなかった商品もみつかっております。また、同じくコエンザイムQ10で、未承認医薬品成分であるイデベノンが含まれていたこともあります。

医薬品の場合は当たり前ですが、その成分がきちんと含まれています。それは、規定通りの量が含まれるよう規制されているからです。

それに比べ、一般の健康食品には医薬品のような規格・基準がありません。そのため、知らず知らずのうちに私たちは、健康食品に含まれる有害物質にさらされているかもしれないのです。

癌が消えた、糖尿病が治った、肝臓の数値がみるみる下がった、アトピー性皮膚炎が消えた・・・・・などすべてに万能の物質はあり得ません。「同じ成分でも病気や体質、年齢や性別 によって効果、副作用など身体の反応は千差万別である。」と、認識ことが大事です。

もっと知りたい方ははこちらをクリック健康食品」の安全性・有効性情報 (独立行政法人 国立健康・栄養研究所)

参考文献:健康食品特有のリスク「規格・基準がない」という問題;小内亨先生