2018-04-21
  • 兵庫県相生市の漢方専門のクリニックです。

新型インフル接種順

新型インフルエンザ接種順と時期について

文字サイズ:


最優先基礎疾患の方(11月中旬から)

①妊婦
②呼吸器疾患のある方

  • 気管支喘息またはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)で通院中の患者
  • 肺結核、気管支拡張症などの呼吸障害により、平地でも健常者並みに歩けない患者 
  • 気道分泌物の誤嚥のリスクのある者(脳性麻痺、認知機能障害、精神運動発達障害等)含む
    ③心不全や狭心症のある方(但し、高血圧のみの方は除く)
  • 慢性心疾患 心不全や狭心症などを有し、日常生活で疲労や動悸などを生じる患者
    ④慢性腎不全や透析を受けている方
  • 慢性維持透析患者
  • 腎機能障害の末期で、むくみや疲労などの症状が慢性的に出現している患者
  • 腎移植後患者
  • 腎機能障害が進行し、特に糖尿病や慢性呼吸器疾患、心疾患を合併している患者
    ⑤肝疾患やステロイド、免疫抑制剤使用の方
    慢性肝炎を除きます。肝硬変患者で、倦怠感や黄疸、腹水などが見られる重症な患者
    ⑥インスリン療法の糖尿病の方
  • 妊婦・小児、併発症のある糖尿病。
  • インスリンおよび経口糖尿病薬による治療を必要とする者。
    ⑦癌患者
  • 主に感染症に弱い血液癌の方が対象
    ⑧リウマチや膠原病でステロイド、免疫抑制剤使用の方
    ⑨副腎機能低下の方
    ⑩クロ-ン病や潰瘍性大腸炎の方
    ⑪難治の神経疾患の方
  • 免疫異常による疾患(多発性硬化症など)を有する患者
  • 神経疾患(脊髄損傷、パーキンソン病など)で、呼吸障害などを有している患者等
    ⑫免疫抑制状態
  • 悪性腫瘍や、関節リウマチ・膠原病、消化器疾患などで免疫抑制薬やステロイドを使用している者(現在治療中)
  • 副腎皮質ホルモンなどが正常に分泌されない内分泌疾患の患者
  • 免疫不全症候群
    ただし、全身状態が著しく不良な者や、免疫不全状態で接種効果が期待できない者は不可 
    ⑬血液疾患
  • 白血病・悪性リンパ腫などの治療中の患者、再生不良性貧血の患者、造血幹細胞移植後半年以降の患者 等
    (鉄欠乏性貧血、免疫抑制療法を受けていない特発性血小板減少性紫斑病と溶血性貧血を除く)
    ⑭小児科の慢性疾患
    染色体異常症、重症心身障害児を含む
    呼吸器疾患(気管支喘息を含む)、心疾患、腎疾患、神経・筋疾患、血液疾患、代謝性疾患、小児がん、消化器疾患、染色体異常症、重症心身障害児等、かなり重度高いもので難病も含む

ということで、最優先とは上記のような感じになりますが、簡単に言うと、糖尿病、透析患者、慢性心不全、喘息等の呼吸器疾患で、特に感染症で肺炎になり易い血液癌及びHIVの方になります。

当クリニックに通院されている多くの方は、喘息、COPDの方を除き重い基礎疾患を持つ方々には該当しないと思います。

定期的に通院している患者さんが中心になります。
健診で言われたとかいうたぐい方は、対象外です。
実際に現在毎月定期的に、医療管理されていて、毎日投薬を継続的に受けている患者さんになります。
現在治癒して、投薬をうけていない、あるいは、通院されていない方は不可になります。
いずれにしても、ちょっと血糖値が高いだけの方は不可です。
 
ポイント:当院通院中の方は必要ありませんが、現在他の医療機関に通院し、これらの「基礎疾患を有する」という方には、その病気を証明し、更にワクチン接種が可能と判断した場合のみ、必ずかかりつけ医に、政府指定の書式「優先接種対象者証明書 」を発行してもらわない限り、どこの受託機関でも接種を受けることができませんので、気をつけて下さい。

「優先接種対象者証明書」には、医療機関のゴム印及び主治医の氏名及び捺印が必ず必要です。
(コピー不可 医療機関名ワープロ作成不可)一般の診断書とは全く違いますので、主治医に特記事項を全て記入して頂いて、接種当日必ずご持参頂く必要がございます。

接種料金  1回目 3600円 2回目2550円 (全国共通)
         
注意点:1回目他医療機関の場合は、2回目当院の場合は3600円かかります。
同様に1回目当院で、2回目他医療機関でも3600円×2 となります。

ポイント:つまり2回接種の場合は、同じ医療機関で受けた方がよいということになります。


優先接種の方(①は12月から②と③は12月中旬から)

①上記の基礎疾患のある方で最優先接種者以外の方
②1歳から就学前の幼児
③小学校3年以下の学童

1月からの接種対象者

①1才未満の保護者
②小学校4年以上の学童、中学生、高校生、65才以上の方

その他の方

上記以外の高卒以上、64歳以下の方は、優先対象者ではありません。

*上記内容は、厚生労働省の接種基準とスケジュ-ルから一部引用しています。今後、変更する可能性があります。わかり次第、お知らせします。