医薬分業について

医薬分業とは、薬の処方はクリニックで行い、実際に薬を患者さんにお渡しするのは調剤薬局で行う仕組みのことです。当院では、開業当初から医薬分業を行っています。
当院では診察をした後に適切なお薬をお選びし、処方箋を発行致します。

患者さんは、この処方箋を近くの調剤薬局に持って行き、薬局で薬の服用の仕方・作用や副作用・注意点などを十分説明して貰った上でお薬を受取ります。

  • 医薬分業の最大のメリットは、薬の専門家である薬剤師さんによる調剤です。薬剤師さんは薬の専門家として、医師の処方をダブルチェックして、疑問点があれば医師に問い合わせをします。医師免許を持つ医師が診察・処方をして、薬剤師免許を持つ薬剤師さんが調剤をする、この診療スタイルこそが最大の患者さんへのサービスだと確信しています。
  • ご家庭でかかりつけの薬局を決めておくと、あなたやご家族の使用される薬(1ヶ所の病院または医院から出される薬だけでなく、2ヶ所以上の医療機関から出される薬あるいは大衆薬など)の重複や相互作用チェックなどができ、より安全な薬の使用が確保されます。
  • 「薬の正しい使い方」、「薬の正しい保管のしかた」や、大衆薬などの相談にも気軽にのっていただけます。
  • 薬局によっては、介護用品やおむつなどを販売しているところもありますので、介護の相談にものっていただけます。
薬局は患者さんが自由に選ぶことができます。複数の医療機関を受診されている方は、安心して相談できる薬局を1つ決めて、服用する薬の管理をしてもらうとよいと思います。