まずは保険証をご用意ください。
現在服用中のお薬や過去の検査データがあれば、持参していただければ幸いです。
薬局からの説明の文章があればなお助かります。
また、漢方の診察では、どんな病気を診る場合も、脈、舌、お腹の診察を重視します。おなかの触診が簡単にできる服装でおこしください。特に女性はガードル、一体型の下着、和服などを着用していらっしゃると、おなかの診察が困難ですので、お控えください。また顔色や匂いも大事な診察上の情報ですので、お化粧はできるだけ控えめにし、香水などもご遠慮いただくようお願いします。
当院は予約制はしておりません。