お薬の基本

画像の説明

用法、用量は守る事
  • 薬の量はお子さんの年令や体重に合わせて処方されています。飲み間違いのないようにいたしましょう。
空腹時にのませる事
  • 乳幼児の薬は食前に与えても胃を悪くする事はありません。むしろ空腹の時の方が嫌がらずに飲むようです。
飲んでいる薬を知ろう
  • 常時服用している薬はもちろんのこと、現在服用している薬についての内容情報をお持ちいただけると、安全に薬の処方ができます。
    「おくすり手帳」などを有効に活用しましょう。
予備の薬があると安心
  • 1~2回分の解熱剤や吐き気止めの座薬などを常備していると安心です。いつも残量を確認しておくといいですね。
自己判断で薬を飲ませない事
  • 受診前に、溶蓮菌感染症の時など残っていた抗生剤入りのくすりを飲ませると、受診した時、検査でわからない事もあります。また同じ症状だからといって、兄弟の薬を飲ませたりしないでくださいね。
手の届くところに置かない事
  • 甘いシロップのお薬などは、知らないうちに、多量に飲んでしまう事もあるので、お子さんの手の届かないところに置いて下さい。また、大人の薬も錠剤など飲んでしまう事故もあります。こんな時はすぐに病院に連絡して指示をあおいで下さい。
飲ませる努力も必要
  • お薬は飲む必要があると言う事を、お話して下さい。
    (何歳であっても、、です)親の真剣な態度で、子供も納得し飲む事もあります。「飲んでくれない」は禁句! といっても、美味しいとは言えない薬はありますので、どうしても飲まない時は相談して下さいね。